本サイトは2010年4月10日に開設し2012年秋に閉鎖したサイトです。「アイアムアヒーロー」映画化記念で期間限定公開中です。


サイト内の記事は連載当時に管理者個人の解釈で書かれたものであり、現在のストーリーとは矛盾していたり、一般的な解釈とは異なっている点があります。また現在の管理者自身の解釈とも異なっている点もありますが、手を入れず掲載しています。


現在はブログ「黒くないすべてのものはカラスではない」に内容を引き継いでいます。


アイアムアヒーローにまつわるエトセトラ

dot  トップページ
dot  作品について
dot  登場人物  
dot  ストーリー
dot  名台詞・名会話集
dot  時系列
dot  マップ&ビュー
dot  FAQ
dot  話題
dot  考察
dot  単行本・雑誌情報
dot  履歴


dot  管理人 twitter
dot  管理人 ブログ


 There're counter ZQNs

 ※第23話、25-26話が手元にないため説明を端折っています。後日詳細を加えます。
 ※本時系列表の作成に当たっては、2ちゃんねる掲示板漫画板の、
  「花沢健吾・50 アイアムアヒーロー」スレの#4-7を参考にさせていただきました。
日付 2009/04/27(月) [-6] 2009/04/28(火) [-5] 2009/04/29(水) [-4] 2009/04/30(木) [-3] 2009/05/01(金) [-2] 2009/05/02(土) [-1] 2009/05/03(日)[0day] 2009/05/04(月) [+1]
話数 第1話 第2話 第3話?疎?4話 第4話 第5話/(第37話) 空白の日 第6話 第7話 第8話 第9話?疎?10話/第37話 第10話 第11話 第12話-第13話 第14話-第16話 第17話-第19話 第20話-第21話 第22話-第23話 第24話-第26話 第27話 第28-29話 第30話/第32話-第33話 第31話/第33話 第34話 第35話 第36話 第37話
時間 02:29-04:00 10:30-22:30頃 22:05-23時頃 07:00-午前 昼-15:50 深夜-未明 朝-午後9時 夜-深夜 深夜-04:00 05:16-06:00 -06:05 -06時半頃 -07時半頃 07時半過ぎ 08時前 08時過ぎ-11時頃 11時頃-11:58 -23時半頃 -23:59:59 00:00-07時頃
マスコミ [TV] 土佐犬噛まれ重体(02:46)
[ラジオ]特養老人ホームで火災
    84歳男性が火を
[TV]特養火事続報(10:50頃)
[TV]小三少女、
    35歳男に噛まれる(18:03)
[TV]「…で死闘6人ケガ…
  暴走族の男に警官が発砲」
[TV]昨夜のタクシー事故(18:00) [TV]厚労大臣緊急入院(夜) [TV]厚労大臣安否不明(00:18)
   大臣の病棟で銃撃戦
[TV]緊急情報「各所で暴徒発生
  都内在住の人は鍵をかけ
  外出を控えるよう」(05:48)
[TV]六本木上空/各所炎上/ヘリ墜落(06:14)
[TV]内閣府、緊急対策委員会を設立(06:15)
[TV]避難勧告/総理一時意識不明(06:17)
[TV]各地の空港で連絡不通
原因究明のため調査委委員会(07:21)
[TV]青森県全域で停電(07:22)
英雄周辺
街の光景
御茶ノ水駅・みんなマスク
【通行人】「強毒性のウィルスは
宿主が死ぬのであまり広がらない」
週刊ストリップ編集部インフルで休み5人目
【通行人】腕を怪我
している人
石神井公園大木の所でタクシー女性を轢く
女性、タクシー運転手を襲い、
 首が真後ろに折れたまま立ち去る
石神井公園駅マスク警官大勢(夜)
徹子アパート横にパトカー(深夜)
松尾先生、みーちゃんに男性器を食いちぎられる
松尾先生、みーちゃんを刺殺。バスタプに沈める
救急車が走る(夕方)
自衛隊車両出動(午前6時前) 上空を自衛隊ヘリ通過(午前6時過ぎ) あちこちの家から悲鳴が聞こえる。
空から「ゴォンゴォン」という音
街中でゾンビが人を追い、襲う(17話) 襲われた人が次々とゾンビ化。多重交通
事故。空から絶え間なく飛行機の音(20話)。
飛行機が墜落し、ビルから人が降る(21話)。
電車は踏切で人をはねても停車せず、停車駅も通過。
沿線の自衛隊基地で発砲・爆発音。逃げまどう兵士。
英雄 帰宅(02:29)
矢島妄想
深夜妄想(03時頃)
就寝(04時頃)
起床(10:53)
職場到着/妄想漫画論
帰宅(22:05)
徹子メール(開封22:17)
徹子の部屋
(ドアポスト越しのキス)(22:30頃)
徹子の部屋でいちゃいちゃ
中田の話/徹子酒乱
徹子の世話
徹子の横でネーム練り(23:35)
徹子寝言/英雄就眠(07:00)
[夢]樹海(卵焼き…)
英雄起床(数時間後)
徹子の弁当/セックス
週刊ストリップ編集部で
担当編集と会話(中田乱入)
中田、弁当をタクシーで届けてくれる
公園で一人で弁当を食べる(15:50)
おそらく11時から
先生の
アシスタントの仕事
三谷の怪談(石神井公園の大木)(02:49)
タクシー事故を目撃
帰宅後徹子に電話
徹子来宅・宿泊
[夢]森で逆さの生首がゴボゴボ 
[メール]パッシーから合コンの誘い(09:30)
アシの仕事(午前中??)
仕事途中で解散→合コンに(18時過ぎ)
合コン開始(女は遅れて来る)(19:00)
[メール]徹子より (19:40以降)
歩道橋で絶叫(21:00)
徹子宅へ。焼きそば
「穴兄弟」のやりとり。
泊まらずに帰宅(深夜)
徹子へ長文メール(第9話/午前?)
松尾先生から呼び出し電話(第10話/夕方)
夜食(00:18)
メールチェック(徹子から返信無し)(01:45)
徹子からメール届く。元気復活(02:17)
原稿あがる(04:00)
中田のネームを読み、
便所、風呂(05:16)
射撃練習会に行く前に
徹子宅に向かう(6時前)
ゾンビ化した徹子登場(午前6時)
新聞屋のバイク通過
徹子歯が抜ける/携帯不通(12話)
徹子に左手を噛まれる(06:05)
新聞屋、ゾンビ化して戻る
新聞屋ゾンビ大家の死体を引きずり
登場、徹子ゾンビに倒される(14話)
英雄、漫画論。徹子ゾンビ部屋に戻る(15話)
矢島妄想登場、消滅。徹子の首切断(06:29)
部屋を掃除して出たところで大家ゾンビに
追われ、街中を逃走(16話)
逃走を続け交番に向かう。パッシーに電話。師匠に全員
噛まれたという話。自分の正気を確認(06:58-07:00)。
交番も襲われており、職場に直行。三谷が松尾ゾンビを
金属バットでうちつけるところ(17話)。
松尾ゾンビを倒した後、みーちゃんゾンビが風呂
場から登場。英雄と三谷が協力して倒す(18-19話)。
職場を出て三谷と駅へと走るが、三谷は
ゾンビに捕まり、墜落してきた飛行機に
首を飛ばされる(20話)。
英雄も何度もゾンビに捕まりかけるが、
辛うじて逃げ切り、ホームに滑り込んできた
電車に飛び乗る(21話)。
電車に乗って一息ついたものの、不穏な運転、
沿線の異常な光景に不安を覚える。
隣の車両から移動してきてゾンビに次々に乗客が噛まれ、
噛まれた客が即座にゾンビ化して他の客を襲う。
英雄も襲われかけるが、土下座の姿勢で回避。
襲ってきたゾンビはドアを突き破り電車外へ転落。
電車は「入門市」駅で停車。ゾンビから逃げながら
駅前でタクシーを拾う。タクシーにはアベックと黒人
米兵が同乗。タクシー内でアベックがゾンビ化するが、
運転手の機転で振り落とす。しかし運転手もゾンビ化。
爆発寸前にタクシーから脱出し、燃え
上がるゾンビ運転手の前に代金を起いて
立ち去った英雄は、高速道下の通路で
疲れてしゃがみ込む(11:58)
再び目覚めると8時間以上経過していた(20:14)
街を避け移動するうちに樹海へ足を踏み入れる。
暗闇に恐怖し、持ち物を「魔法陣」に配置し(21:37)
幻覚に備えるが、頼みの綱の携帯も電池切れ消灯して
しまい、ついに恐怖の妄想が始まる。
幻覚と闘うため、必死に理論武装や自己
正当化の理屈をつぶやき、あるいは「まんこ
数え唄」を歌う英雄。
幻覚の恐怖の中で、暗闇の先に救いを求める
手を伸ばしつつ、ついに意識を失う(23:59:59)
比呂美は、思わす英雄の伸ばした手を握りしめる。
それに安心したかのように眠り込む英雄。比呂美は
自分のブレザーを掛け、夜明けまでそばで見守った。

明け方7時前、英雄が目覚めると周りには誰もいない。
かけられたブレザーの持ち主を捜すため樹海を歩くうち、
尿意に襲われた英雄は、木の陰で立ちションをする。

立ちションの途中、偶然にも木の反対側で座りションを
していた比呂美に、ティッシュを求められ、驚愕する英雄。

比呂美は、無事に目覚めた英雄を見て、安堵し、自殺を
思いとどまるよう、説得を始めた。
樹海の中で、予想外の女子高生との出逢いに動転しつつ、
かいつまんでここに至るまでの経過を説明する英雄。

自殺志願者でないと納得したものの、奇想天外な話にあきれ、
頭でも打ったのかと心配になった比呂美は、近くの 病院へと誘う。

信用して貰えないことに困惑する英雄は、ひろみに渡された
飲みかけのペットボトルを、躊躇しつつも一気飲みしようとした。
その時比呂美が樹海の奥に人影を認めた。近づいていくと、
それは正真正銘の首つり自殺者だった。

気の毒に思い、ロープを外そうとした比呂美に、自殺者の
遺書を読み、異常を察知した英雄の叫びが届く。
ゾンビの手が掴もうとする寸前、英雄は鞄ごと比呂美を引き寄せた。
勢いあまって抱き合うように地面に倒れ込む二人。

状況を把握できない比呂美は、英雄を誤解し右手に噛みついて逃げようとした。
しかしそのとき、比呂美の目に、ゾンビとなって動き出した自殺者の姿が写る。

英雄に逃げるよう促されたものの、首にロープの食い込んだまま、何かを
探し求めるかのように手を伸ばすゾンビを見た比呂美は、自殺者のリュック
から家族写真を見つけ、ゾンビに手渡す。
写真のフレームを受け取ったゾンビは、安心したかのようにしゃがみ込み、
くいこんだロープがゾンビの首がちぎった。

首のちぎれた拍子に顔にかかったうじ虫や血を、指先で拭き取る比呂美。
目に流れ込もうとする血を、袖口で拭き取った英雄に、何ごとか比呂
美が尋ねようとしたしたとき、樹海の陰から、突如何かが迫ってきた。

比呂美の級友、紗衣の変わり果てた姿のゾンビだった。

そのあまりに怖ろしい異形のゾンビに、英雄は戦慄しつつも
比呂美の手を引いて、樹海の中を逃走しはじめた。

しかし、ゾンビが級友紗衣であることを察知した比呂美は、英雄に
手を離すように求める。

躊躇しつつも走り続けようとした英雄だったが、そのとき比呂美の
靴が脱げ、転倒してしまう。
追いついた紗衣ゾンビは、しかし転倒した比呂美を襲おうとはせず、
口に巻かれた包帯を振りほどこうとするかのように顔を振り、もの
言いたげな目で比呂美を見た。

紗衣ゾンビは、引きずってきた、比呂美をいじめた級友(デブ)の
死体を放り投げ、比呂美の脱げたローファーシューズを手に持ち、
木によじ登ってなおも比呂美を見つめる。

偏執的な規範意識に邪魔をされ、逃避行中ずっと抱えてきた
にも関わらず使えずにいた猟銃を、このとき初めて取り出した
英雄は、弾を込めた筒先を、紗衣ゾンビに向けた。
比呂美 比呂美の学校近くで傷害事件発生
(37話に立看の描写)。
(被害者=ブスの方の菊池?)
(女教師、菊池を見舞って噛まれる?)
運動靴を盗まれる。
屋上に放り投げられているのを発見(11:20)
母の見舞いのため早退。
帰路、ひそかに憧れていた紗衣に話しかけられる
(音楽の趣味が一致していることに喜ぶ)
学校の行事「自然学校」のために、
ゴールデンウィークを潰してバスで
富士吉田市に来る。
富岳風穴(鳴沢氷穴)、火起こし(11:30)。
バスで宿舎に移動。
宿舎の富士青年□□□に到着(13:00)
宿舎で女教師が、比呂美の級友、紗衣の
手を噛む事件が発生。
病院で治療を終えた紗衣は夜、
宿舎に戻ってくる。
同室の級友(デブ)の罠にはまり、罰ゲームを命じられて深夜
宿舎を出る比呂美。メールを読んで時間を潰すうちに(23:45)
遠くに英雄の「まんこ数え唄」を聞く。自殺志願者かもと探し、
幻覚に襲われている最中の英雄を発見。話しかけるのを
躊躇するが、英雄のつぶやきに心を動かされ、立ち上がる。
そして、救いを求めて手を伸ばす英雄を覗き込む(23:59:59)。

dummy