アイアムアヒーローにまつわるエトセトラ

dot  トップページ
dot  作品について
dot  登場人物
dot  ストーリー
dot  名台詞・名会話集
dot  時系列
dot  マップ&ビュー
dot  FAQ
dot  話題
dot  考察
dot  単行本・雑誌情報
dot  履歴
dot  管理人 twitter
dot  管理人 ブログ

 There're counter ZQNs

都心編 << [一覧] >> 御殿場市

移動経路地図(富士吉田市編) 
各地図をクリックするとGoogle Mapに飛びます。

A. 富士吉田市〜須走〜富士五合目
富士吉田市〜須走〜富士五合目 地図B
(26) 第26話。都心からタクシーで移動してくる。河口湖ICで軽自動車と衝突。
(52) 第52話。神社から須走口まで、カメラマン荒木の車で移動。
第27話〜第51話は地図B参照。


B. 富士吉田市
富士吉田市 地図C
第27話〜第44話は地図C参照。
(45) 第45話。比呂美が英雄を乗せて自転車で富士パノラマライン(R138)を走った距離は約2.5km。時速20kmとすると、時間にして約7〜8分。
(46) 第46話。移動距離や前後の背景の繋がり、バス停から老夫婦や二人が歩いていった方向などから、二人が休んだのは、フルヤ薬局前のバス停。ただし、漫画に描かれているバス亭は、ずっと東に位置するこちらのバス亭(印)の絵が使われている。


C. 中央自動車道河口湖IC
中央自動車道河口湖IC 地図D 地図E
河口湖ICと富士急ハイランド周辺図。各話の詳細は地図DとEを参照。


D. 河口湖IC出口
河口湖IC出口
高速出口に逆進してきた軽自動車と正面衝突。
(27) 27話。ゾンビ化した運転手の後ろ足がアクセルを踏んだため、再発進。
漏れたガスに引火してタクシーと運転手炎上。
徒歩で移動してきた英雄がここでフェンスを乗り越えて歩道側に転落。富士急ハイランドの駐車場入り口ゲート。
ストーリーとは関係ないが、この位置で乗用車がトレーラーに追突事故。もしかしたら軽自動車の逆進に関係があったかも。
(28) 28話。地下道で寝込んだ英雄が、巨大蛾幻視に襲われる。


E. 英雄、樹海へ。比呂美、樹海へ。
英雄、樹海へ。比呂美、樹海へ。 地図F
第29話〜第31話、第33〜第44話は地図F参照。
(28) 28話。地下道から富士パノラマライン経由で樹海に。英雄の歩いた距離は700〜800m。
(32) 32話。遅れて深夜に「林間学校」を出た比呂美。英雄の数え唄に誘われて樹海に足を踏み入れる。


F. 樹海
樹海
樹海編の舞台となったのは、ここ、「東海自然歩道の河口湖付近」部分

ただし上図は、漫画内の描写から道筋を推定して記載したもので、実際のコースと異なっている可能性が高い。また作図の都合上、縮尺や道幅が誇張されている。

2011年中には現地調査の予定。
樹海の入り口にある立て札。この立て札は、グーグルマップ上の写真で確認できる。
本編で何度も登場する「東海遊歩道 剣九尾溶岩流」の説明看板。二人はコース上を何度も往き来しており、この看板の前は三往復していると思われる。
朝ションの出会いの場所。ただし比呂美は前の晩に寝ている英雄に遭っている。
首吊りゾンビの発見場所
紗衣ゾンビと可奈子ゾンビの対決場所


dummy