アイアムアヒーローにまつわるエトセトラ

dot  トップページ
dot  作品について
dot  登場人物
dot  ストーリー
dot  名台詞・名会話集
dot  時系列
dot  マップ&ビュー
dot  FAQ
dot  話題
dot  考察
dot  単行本・雑誌情報
dot  履歴

 There're counter ZQNs

[松尾先生] << [一覧] >> [みーちゃん]
三谷 名前 三谷(みたに)
年齢 40代前半
登場 2話初登場。7話、(9話)、10話、17〜20話。

英雄以外の職場のメンバーをすべて殺した三谷が、英雄に対しては、叱咤とも取れるいらだちの言葉をぶつける以外、殺意の片鱗も見せなかったのはいったいなぜだろうか。

それは歩道橋での壮絶な死の直前に、初めて三谷の口から出た、英雄に対する共感、仲間意識を示した言葉によって明らかにされる。

目標を持ち常に努力しながら報われぬ思い、アシスタントとしての自分の貢献にプライドを持ちながら、それが正当に評価されない不満、職場でのコミュニケーション不全、なによりみーちゃんへの通じぬ恋慕、そして力を出し切れないまま無為に過ぎていく日々に対する焦燥感。

自分を嫌っているであろう英雄の中に、同じ意識と境遇を見出していたからこそ三谷は、危機に瀕して、ごく自然に英雄をともに闘う仲間として遇したのであろう。

英雄と三谷 三谷の生前、英雄とは何度も心が通じかける瞬間があった。しかし互いに不器用な二人はすれちがうばかりであり、それはのちに英雄の悔いとなり残ることとなった。




姓は三谷。名前は不明。その容貌から明らかに俳優三谷幸喜をモデルとしている。

年齢は40歳過ぎ。漫画家松尾先生の仕事場のチーフアシスタントを努める。高校を卒業し、すぐに始めたアシスタントを20年以上続けるものの、いまだデビューを果たせないでいる。元担当編集に対して強い不満を持つが、1000ページを超える大作を構想中である。

熱烈な女子アナのファンだが、女子アナの語るニュースにはまったく興味がない。しかしパソコンでyoutubeを見ていたおかげで、世間で進行しているゾンビ現象とその対処方法について若干の知識を得ていた。

職場のみーちゃんに強い好意を持つが、まったく相手にされない。みーちゃんが松尾と密通関係にあることを把握しており、それが両者に対する憎しみの大きな起因ともなった。

みーちゃんに対しては、彼女を尾行したりマンションに忍び込むなど完全なストーカーとなっていた。ゾンビ現象の直前、松尾、みーちゃん、名無しアシが3P関係を予定していたことを知るに及び、ゾンビ化していない名無しアシを含め、三人を惨殺するに至った。

三谷2 みーちゃんに対する愛憎の思いはみーちゃんのゾンビ化後も消えることなく、最後に襲われた際も、自らの手で決着をつけることを決意する。しかし、いざみーちゃんゾンビを倒した後の三谷の表情は、この上なく喪失感あふれるものであった。

[松尾先生] << [一覧] >> [みーちゃん]


dummy